モグワンは老犬には合わないドッグフードなの?

モグワン 老犬

モグワンドッグフードは生後4ヶ月以降のワンちゃんになら与えることができます。

 

高たんぱく質のモグワンは老犬になってから与えるのは少し不安に感じる飼い主さんもいるかもしれません。

 

歳を取ると散歩に行きたがらなかったりしてきますから、高たんぱく質のフードを与えて体重が増えてしまったり逆に健康を害するようなことにならないかを心配することもあるでしょう。

 

消化器官なども衰えてきますから消化吸収するのが負担になることもあるかもしれませんね。

 

ただ、モグワンはたくさんの量を与える必要がないので、少量でもしっかりとした栄養を摂取することができるメリットがあります。

 

なので高たんぱく質でも高品質で添加物をしようしていないものであれば、安心して与えることができますよ。

 

好みがありますので食べる食べないということはあるかもしれませんが、老犬だからと言ってモグワンが合わないや食べないなどは関係ありません。

 

もし食べてくれないようであれば、レシピを少し工夫して食べやすくしてあげるといいでしょう。

 

ドライフードは食べにくさもありますので、水やぬるま湯でふやかして食べさせてあげると食べやすくなりますよ。

 

ちょっとした工夫で愛犬の食いつきも変わってくると思います。

食べすぎに注意しよう!

老犬になってからドッグフードを与えるときは食べすぎに注意する必要があります。

 

先ほども書いたように消化吸収するのが苦手になるので、たくさん食べる必要のあるドッグフードは負担が大きくなってしまうのですね。

 

穀物を多く使用してかさ増ししているドッグフードは若くて元気なうちはそこまで問題になりませんが、歳を取ってくると消化することができない穀物は負担になることの方が大きくなります。

 

できれば若い時からするのが理想ですが、歳をとったのなら量よりも質を重視するように考え方を切り替えた方がいいでしょう。

 

モグワンは与える量が他の市販するドッグフードよりも少なくて済むのでたくさん食べて負担が大きくなるということはなくなります。

 

ただ、少ない量だと十分な栄養を確保できないメリットもあるので、市販されているドッグフードを与えるときには注意をしなければなりません。

 

いろんなドッグフードがある中でもモグワンは老犬にこそおすすめできるドッグフードと言えると思いますから、少量でもしっかりと栄養を与えることができるフードを積極的に選んでみましょう。

 

もしどんなドッグフードを与えたらいいのか迷っているのならとりあえずモグワンを1ヶ月与えてみると問題が解決できることも見つかると思いますよ。